中村電池総合トップページ > 庫内環境最適化/臭気リスクマネジメント > 導入経緯_庫内環境最適化/臭気リスクマネジメント

庫内環境最適化/臭気リスクマネジメント


弊社は、空気触媒セルフィールの施工店です。


LOGIS-TECH TOKYO 2014 株式会社中村電池環境事業部は、国際物流総合展2014に「庫内環境最適化システム」をテーマに株式会社デンソーセールスと共同出展いたします。出展ブース(東2-302)にてお待ちしております。

庫内環境最適化システムオフィシャルサイト

庫内環境最適化システムオフィシャルサイトもオープンしました。

空気触媒特設サイトOPEN

空気触媒特設サイトもオープンしました。

庫内環境最適化

予防「空気触媒セルフィール」


庫内清掃の簡略化によりランニングコストを削減したい。
お客様の大切な荷物へ他の臭いが付着するのを予防したい。
庫内環境の衛生対策を荷主様へアピールしたい。

臭気リスクをマネジメントする時代。
空気触媒「セルフィール」は、ニチリンケミカル株式会社の商標です。第4646292号。

◆ 庫内環境最適化 導入の経緯事例 ◆

導入経緯
お客様から導入についていただいた事例です。


◆ 空気触媒セルフィール施工風景 ◆


◆ 空気触媒セルフィールの特徴 ◆


・最初に、あらゆる場所に施工をするだけ。
・あとは、24時間無休で有害物質を分解し続ける。  ※1
・さらに、長期的な持続と、安全性が自慢。
・しかも、電気・ガス・光等のエネルギーコスト0円。

※1・・・冷凍時等でパネル表面が氷で全て覆われている時は、触媒反応が起こりにくい場合もございます。
   また、空気触媒施工面が著しい汚れ等で全て覆われている場合も同様になります。


◆ 空気触媒セルフィールとは ◆


一般の消臭剤等は、中和や吸着作用による一時的な効果に終わります。

空気触媒セルフィールは、有害物質を吸着したり、中和したりするものではなく、
その作用原理(触媒)により無害な物質に分解します。

その分解過程においてセルフィール自体は、消費されることはなく、
空気中の水と酸素を利用して有害物質を分解し続けます。


空気触媒セルフィールのメカニズム


 


抗菌・消臭・防汚・有害物質分解

 


光や電源を必要としない!24時間働き続け効果が持続します。

 

◆ 庫内環境最適化 導入の経緯事例 ◆

導入経緯
お客様から導入についていただいた事例です。

庫内環境最適化についてのお問い合わせはコチラ

 

そのニオイは過去のものになる!

解決「ハイブリッド消臭システム【情熱】」

消臭スプレーだけでは解決できない特殊な環境の臭いに関するお困り事を解決するのが、
ハイブリッド消臭システム【情熱】になります。
その特殊な環境の消臭方法とは・・・・?  1つや2つの消臭方法ではありません。

特殊な環境の気になる臭いのほとんどは、いろいろな臭いの組み合わせ、つまり複合臭である為、
まず臭いの発生原因と種類、付着している度合いを調査し、その臭いを解決するメニューを組み立てます。

その後、その特殊環境消臭メニューに沿った方法で清掃・洗浄・殺菌・消臭作業(情熱工事)を行い、再度ニオイのチェック。

満足できるレベルまで臭いが低減した状態で、その状態を維持、もしくは更に良い状態になるように、空気触媒加工にて仕上げます。


ハイブリッド消臭システムの工程とCIAQイメージ

臭いの根源を清掃・洗浄・殺菌・消臭(リセット)し、
空気があれば24時間休むことなく長期間活性し続ける安全な空気触媒加工にて仕上げる
ハイブリッド消臭システム【情熱】が今までにない消臭バランスをご提供いたします。


 


ハイブリッド消臭システム【情熱】施工風景

ハイブリッド消臭システム【情熱】施工風景

既にニオイが付着してしまった環境は、こちらの方法で解決します。

◆ 庫内環境最適化 導入の経緯事例 ◆

導入経緯
お客様から導入についていただいた事例です。

 

庫内環境最適化についてのお問い合わせはコチラ

 

ご安心下さい

空気触媒セルフィールは、安全・衛生面において厳しい審査基準を持つ
公共交通機関など、あらゆる分野で既にご利用いただいております。


消臭システム関連リンク


ハイブリッド消臭システム【情熱】オフィシャルページ http://www.jounetsu.info/
トラック消臭特設ページ http://www.nakamuradenchi.com/ac/?page_id=555

空気触媒セルフィールページ http://www.nakamuradenchi.com/selfeel.htm

空気触媒カーフィールページ http://www.nakamuradenchi.com/carfeel.htm

株式会社日弘ヒーティング環境事業部 http://www.nikkoh-heating.info/


庫内環境最適化プレゼン内容


抗菌・消臭維持による「庫内環境最適化」


抗菌製品が常識化した現在ですが、臭気対策には定まった方向性が無く、《臭い》によるトラブルは増加しています。
冷凍車や保冷車の庫内環境においても、庫内の《臭い》に判定基準が無いため、こちらは問題ないと判断しても、
荷主様が不快に感じクレーム等につながる予想外の出来事の発生、つまり【臭気リスク】が発生します。
これは従来の抗菌仕様だけでは防ぎようのない事象です。

このような目には見えない不具合である《臭い》の対策が課題となる今日、物流システムにおいても、
今後は荷主様にご満足いただける『臭気リスクマネジメント』が必要です。

そこで、私共中村電池がご提案したいのが、抗菌・消臭維持による「庫内環境最適化」。
方法は【予防】と【解決】です。

まず、臭気付着の【予防】には、《空気触媒セルフィール》。
一般の消臭剤等は、中和や吸着作用による一時的な効果に終わります。
一方《空気触媒セルフィール》は、有害物質を吸着したり、中和したりするものではなく、その作用原理(触媒)により
無害な物質に分解します。分解過程においてセルフィール自体は、消費されることはなく、空気中の水と酸素を利用して
「ラジカル」を生み出し、この「ラジカル」が、有害物質を分解し続け、抗菌・消臭・抗ウィルスなどのパワーを発揮します。

この空気触媒を新車時に適切な方法で、冷凍車や保冷車などに施工した場合・・・
・庫内清掃の簡略化によりランニングコストを削減したい。
・お客様の大切な荷物へ他の臭いが付着するのを予防したい。
・庫内環境の衛生対策を荷主様ヘアピールしたい。
などのご要望にもお応え出来る、最良の臭気予防対策となります。

この、空気触媒という技術は、既に公共交通機関や公共施設、衣類などをはじめ、
多分野で採用されている画期的な技術で、無限の可能性を秘めています。

《空気触媒セルフィール》は、光や電源を必要とせず、24時間365日休まず働き続け、その効果は長期間持続します。
光の入らない状態や、エンジンやスタンバイをかけられない時間がある庫内では、
正に理想的な「庫内環境最適化」の予防対策です。

次に、「そのニオイは過去のものになる!」臭気付着によるトラブルの【解決】には、
《ハイブリッド消臭システム【情熱】》です。

いくら空気触媒という技術をもってしても、既に付着してしまった臭気を
完全に除去することは困難です。
あきらかに臭気が付着している環境をたったひとつの材料で、酷い状況を安全に解決し、維持する。
・・・というものは、残念ながら現在は存在しません。
市販の消臭スプレー等は、その場を凌ぐものであり、解決には至りません。

例えば、私達が普段生活している中で、デオドラントスプレーだけで毎日過ごすということは避けたい方法と思います。
入浴したり、シャワーを浴びたりと、臭いの根源を取り除く行為を行う。これがリセット作業という消臭の基本工程になります。

ですが庫内の臭気は強敵。常に清掃作業を行っても、臭気は付着し、そして蓄積されます。

解決できない複合臭に対し、発生原因と種類、付着している度合いを調査し、解決メニューを組み立て、
満足できるレベルまで臭いが低減した状態を維持、もしくは更に良い状態になるように、
空気触媒加工で仕上げるのが《ハイブリッド消臭システム【情熱】》です。

この工法にマニュアルはございません。1つや2つの溶剤を使用するわけでもありません。
専門スタッフが、選び抜かれた材料を、その特性を生かしながら選定し、
複合臭のひとつひとつを解決していく、まさに“情熱”を注ぎ込む作業を行い、
ごまかしのないこだわりの方法で、今までにない消臭バランスを実現。
大手自動車メーカーや、住宅デベロッパーでも採用されているこの工法で、
既に発生している《臭い》によるトラブルを解決し、庫内環境最適化へと導きます。

このように、《空気触媒セルフィール》による『予防』や、《ハイブリッド消臭システム【情熱】》による『解決』は、
抗菌・消臭による「庫内環境最適化」という、一歩先行く『臭気リスクマネジメント』です。
ぜひ、御社のビジネスにお役立ていただければと思います。
ありがとうございました。

◆ 庫内環境最適化 導入の経緯事例 ◆

導入経緯
お客様から導入についていただいた事例です。

 

庫内環境最適化についてのお問い合わせはコチラ