庫内環境最適化

株式会社中村電池環境事業部は、国際物流総合展2014に「庫内環境最適化システム」をテーマに株式会社デンソーセールスと共同出展いたします。出展ブース(東2-302)にてお待ちしております。



 
物流システムにおいて、「D(デイ)0サイクル」や「D(デイ)1サイクル」が常識化してきた昨今、荷主様からのご要望により更にきめ細かいサービスが求められている中、冷凍車や保冷車の環境整備、衛生対策などの管理にもその関心が寄せられています。
 
そのような市場のご要望にお応えするべく、抗菌仕様車が常識化してきた今日ですが、抗菌仕様では防ぎようのないニオイに関しては定まった方向性がなく、皆様ご苦労されていることがわかりました。

 
弊社では、今後必要になるであろう「臭気リスクマネジメント」に着目し、そのお役に立つことができる
 
【抗菌・消臭維持による庫内環境最適化】をご提案しております。
 
冷凍車や保冷車のニオイに関するご相談は、ぜひ株式会社中村電池の環境事業部までご相談いただければと思います。

 
 臭気リスクマネジメントの必要性
 

 予防空気触媒セルフィール
 
 
臭気付着の【予防】には、《空気触媒セルフィール》。

 

一般の消臭剤等は、中和や吸着作用による一時的な効果に終わります。
一方,《空気触媒セルフィール》は、有害物質を吸着したり、中和したりするものではなく、その作用原理(触媒)により無害な物質に分解します。
 
分解過程においてセルフィール自体は、消費されることはなく、空気中の水と酸素を利用して「ラジカル」を生み出し、この「ラジカル」が、有害物質を分解し続け、抗菌・消臭・抗ウィルスなどのパワーを発揮します。
 

臭気付着の【予防】
 

この空気触媒を新車時に適切な方法で、冷凍車や保冷車などに施工した場合・・・
 

・庫内清掃の簡略化によりランニングコストを削減したい。
・お客様の大切な荷物へ他の臭いが付着するのを予防したい。
・庫内環境の衛生対策を荷主様ヘアピールしたい。
 

などのご要望にもお応え出来る、最良の臭気予防対策となります。
 

臭気リスクマネジメント5
 
この、空気触媒という技術は、既に公共交通機関や公共施設、衣類などをはじめ、多分野で採用されている画期的な技術で、無限の可能性を秘めています。
 
《空気触媒セルフィール》は、光や電源を必要とせず、24時間365日休まず働き続け、その効果は長期間持続します。
 

光の入らない状態や、エンジンやスタンバイをかけられない時間がある庫内では、正に理想的な「庫内環境最適化」の予防対策です。
 

解決ハイブリッド消臭システム
 

いくら空気触媒という技術をもってしても、既に付着してしまった臭気を完全に除去することは困難です。
あきらかに臭気が付着している環境をたったひとつの材料で、酷い状況を安全に解決し、維持する。・・・というものは、残念ながら現在は存在しません。
市販の消臭スプレーはその場を凌ぐものであり解決には至りません。
 

解決できない複合臭に対し、発生原因と種類、付着している度合いを調査し、解決メニューを組み立て、満足できるレベルまで臭いが低減した状態を維持、もしくは更に良い状態になるように、空気触媒加工で仕上げるのが、《ハイブリッド消臭システム【情熱】》です。
この工法にマニュアルはございません。
 
1つや2つの溶剤を使用するわけでもありません。
 
専門スタッフが選び抜かれた材料をその特性を生かしながら選定し、複合臭のひとつひとつを解決していく、まさに“情熱”を注ぎ込む作業を行い、ごまかしのないこだわりの方法で、今までにない消臭バランスを実現。
 
大手自動車メーカーや、住宅デベロッパーでも採用されているこの工法で、既に発生している《臭い》によるトラブルを解決し、「庫内環境最適化」へと導きます。
 

ハイブリッド消臭システム

 
庫内環境最適化ページ

◆ 庫内環境最適化 導入の経緯事例 ◆
 

お客様から導入についていただいた事例です。
 


庫内環境最適化お問い合わせ

 

 

2011トラックショー御挨拶

 
2011トラックショー御案内

 
ありがとうございました。

 
 

株式会社中村電池オフィシャルサイト

様々なお問い合わせは、オフィシャルサイトでも受付中です。

どうぞ、ご覧ください。

庫内環境最適化システムを簡単に説明するページを作成いたしました。
ご覧頂ければ幸いです。

庫内環境最適化システム

aircatalyst999